性病の症状にはクラリスロマイシンの療法が激熱

性病の症状と治療薬

安全性の高い抗生物質

安全性の高い抗生物質

小児用から大人用まで様々な細菌やウィルスを原因としてる感染症の治療に用いられるのが抗生物質であり、感染することで身体に炎症を起してしまうことや腫れること場合によっては化膿し感染部位が膿んでしまうことや感染したものによっては痛みや発熱など苦痛を伴うこともあり、抗生物質の服用を行うことで腫れや炎症、化膿を治療することができ、発熱や痛みなどの苦痛となる症状を改善することができるようになります。
抗生物質にはペニシリン系やセフェム系などβラクタム薬と呼ばれる作用の強い薬がありますが、アレルギーをもっている方もおり全ての方が服用できる薬ではなく、アレルギーがある方でも服用できるのが効果は若干劣るものの非定型菌などの細胞壁を持たないマイコプラズマや人の生活で欠かすことができない性行為によって感染し今では日本で最も多い感染率を誇るクラミジア・トリコモナス菌などにも有効とされている新しいタイプの抗生物質であるマクロライド系が有効な治療薬となっています。
マクロライド系にはクラリスロマイシンをはじめアジスロマイシン水和物など服用によって胃酸の影響によって薬の不活化を抑えることができ高濃度の状態を保ったまま患部に作用させることができるものが多く、効き目の持続時間なども少ない服用によって高い作用を期待できます。
クラリスロマイシンとは、クラリスロ錠や小児用シロップなどに使われている成分名であり蛋白合成阻害薬に分類される薬となり、細胞内に取り込まれた際に菌やウィルスが増殖することを阻害する作用があり、増殖を防ぐ事ができるので殺菌作用を期待することができます。
性感染症であるクラミジアの治療には非常に有効な薬でもあり、1日に2回の服用を3日間続けることで効果を7~14日持続させることもでき、その期間内に完治する確率は9割を超えるとも言われ有効性も高く、身体の小さな子供でも服用できるので安全性の高い抗生物質となります。
有効な治療薬ですが、薬の成分が血中内の濃度を高めてしまい副作用などを強めてしまう飲み合わせが悪い薬が非常に多くあるため服用にあたって医師の指示を守って服用するようにしてください。