TOP > 早期治療が大切!

クラミジアは気付きにくい性病です。そのため放置しがちですが、進行すると不妊症になる危険があります。必ず治療をしましょう。

クラミジアは感染に気付きにくい

クラミジアに感染していることに気付かなかった女性

クラミジアという性感染症は、女性に感染した場合においてはほとんど自覚症状が出ないといわれています。

感染の初期に関しては子宮の入り口部分に子宮頸管炎が発生しますが、この段階では約80%前後の女性が症状を自覚していないと言われています。

仮に症状が出ていたとしてもおりものが多少増えていたり、不正出血がある程度なので、自分がクラミジアに感染したと疑う人はほとんどいないのです。

ただ、そのままクラミジアの感染を放置してしまうと、子宮内膜炎に卵管炎という症状を引き起こしてしまう危険性があります。

そうなると早産や流産のリスクが伴ったり、卵管が詰まりはじめて不妊症に陥る可能性も出てくるようになります。

では、クラミジアに早く気づくためにはどうすればいいのでしょうか。

判断する材料として一番わかりやすいのがおりものです。

おりものの色が白色や白緑色、または黄色である場合や、おりものの量があきらかに増えていると思ったとき、そしておりものから悪臭がすると感じたら、クラミジアの感染が起こっている可能性が十分に考えられるでしょう。

他にも生理痛が痛くて重く感じるときも、クラミジアに感染している可能性があります。

ちなみに、男性の場合は排尿しているときに痛みを感じる、また膀胱が腫れているように感じたときは、クラミジアに感染している可能性があります。

クラミジアの症状について

クラミジアの症状や特徴について

クラミジアの症状について解説する医者

ではクラミジアに関する主な症状や特徴についてさらに説明していきたいと思います。

まず女性のクラミジアに関しては、最初に子宮頚管粘膜に感染します。

わかりやすくいえば子宮の入り口や膣の奥になります。

この部分には特に痛みなどを感じる神経がないので、クラミジアが感染してもほとんど何も症状を感じないのです。

ここには尖圭コンジローマもできやすくなっていて、麻酔を使わなくても簡単な手術であればできてしまうほど痛みを感じません。それくらい鈍感な部分になります。

そしてクラミジアに感染すると膣内の抵抗力が下がり始め、他のいろんな病原菌が侵入しやすくなってしまいます。

そこから膣炎が起こってしまい、性器がかゆくなったりおりものが増えるようになり、さらにはおりもののニオイがきつくなります。

またクラミジアというのは初期の段階でしっかり治療ができていないと、どんどん体の奥に侵入してしまいます。

子宮内膜から奥へと侵入していき、卵管炎や腹膜炎を引き起こすようになります。そして先ほどもいったように、最終的には不妊症になってしまう可能性が高いのです。

女性の場合は男性に比べて症状が深刻になりやすいので、性行為を普段よくする人はクラミジアの感染に対して注意しておかなければなりません。

男性の場合はクラミジアに感染後、数日の間に尿道炎が起こるようになります。

そのまま1週間ほど放置してしまうとクラミジアがどんどん尿道の奥に移動するようになり、その病原菌が前立腺に入り込んでしまいます。

前立腺にも痛みを感じる神経があまりないので、自覚症状がないことが多いので気をつけましょう。

クラミジアの治療法

抗生物質を処方する医者

もしもクラミジアに感染してしまったらどうすればいいのでしょうか。

クラミジアに感染してしまったときは、男女問わず抗生物質を服用しましょう。

クラミジアに感染しているかどうかの検査を病院でおこなった後に処方してもらいましょう。

処方される抗生物質の種類については色々ありますが、主にマクラロイド系抗生物質やテトラサイクリン系抗生物質などになります。

また、クラミジアの治療をおこなえる抗生物質は薬局では販売されていませんので、薬がなくなったら再度病院へ行きましょう。

一般的にクラミジアの治療において薬の服用期間は大体1週間から2週間程度です。

ただし、症状の状態によっては、さらに長い服用期間になる可能性もあります。

抗生物質を飲むと症状がすぐなくなることがありますが、仮になくなったと感じても自分の判断で勝手に飲むことをやめてはいけません。

クラミジアが体内のどこかで生きている可能性がありますので、医師の判断に必ず従うようにして治療を進めていきましょう。

クラミジアは早期治療が大切

早期治療が大切なのを指摘する医者

自覚症状がほとんどの場合ないといわれているので、性行為を頻繁に行うのであればやはり注意はしておかなければなりません。

クラミジアは放置することで症状を悪化させてしまう危険性がありますので、早期治療を心がけるようにしてください。

女性の場合は不妊症を起こしたり、最悪の場合は子宮外妊娠という命の危険を伴う状態にもなりえます。

気づきにくい症状だからこそ、検査を受けてみることが大切です。

特定のパートナーがいる場合はふたりで一緒にクラミジアの検査を受けることをおすすめします。

さて、クラミジアの検査にはどんなものがあるのでしょうか

素早く感染の結果が知りたい人は、クラミジアの即日検査をするといいでしょう。

最短で15分程度なので、すぐに結果がわかります。

ただし、検査方法としての精度は低くなってしまいます。

しっかりと検査したい人は、PCR法という方法で検査していきましょう。

この方法は採取した検体から遺伝子を増幅し、クラミジアを検出する方法となります。

検査結果がわかるまでに3日から5日間ほどかかりますが、非常に精度の高い検査方法になるので現在はこちらが主流になっています。