性病の症状にはクラリスロマイシンの療法が激熱

性病の症状と治療薬

クラミジア等の性感染症

クラミジア等の性感染症

性感染症とは性的な行為によって感染してしまう感染症の事を指します。
性的な行為とは、性器同士の挿入や、オーラルセックスや、接吻なども含まれます。
性感染症には様々な種類があり、感染経路、症状、などが異なってきます。
種類によっては、性器同士の挿入以外にも、咽頭に感染したり、唾液で感染したり、なども存在します。
一般的に認知度が高い性行為での感染症は、梅毒、淋病、性器ヘルペス、性器クラミジア感染症、HIVなどです。
梅毒は感染箇所が赤くなり、ただれていきます。
症状を長い間放置していると、血管や心臓に異常がみられだし、麻痺や地方などを引き起こしてしまう非常に怖い病気なのです。
予防策として必ずコンドームを着用しましょう。
淋病は淋菌感染症ともよばれており、非常に感染者の多い感染症です。
抗生物質を服用することで治療できるので、感染したら早めに治療しましょう。
性器クラミジア感染症ですが、実は日本で一番感染者が多い性感染症なのです。
なぜ日本で一番感染者が多いのかといいますと、その多くは自覚症状が少ないことがあげられます。
感染していても気付かない人がほとんどでそのまま放置してしまい、また他人に感染させてしまうのです。
感染率も非常に高く、70%の確率で感染してしまいます。
二回同じ感染者と性行為をすれば100%感染してしまうと言っても過言ではありません。
クラミジア感染症は、咽頭にも感染してしまいます、口だけのサービスでも感染してしまうので風俗で感染してしまうパターンも多いです。
特に若い女性の感染者が多く、しかも感染してることに気付かないまま放置してしまっているのでそれだけ感染者が多くなってしまうのです。
女性の場合、不妊症になったり、子宮外妊娠を引き起こしたり、女性特有の疾患を起こしてしまいます。
出産時、膣を通って子供が出てくる場合、生まれてくる子にも感染させてしまいます。
妊婦健診の場合必ずクラミジアの検査はするようになっています。
これらの感染症は放置しているとエイズなどに感染してしまう確率が非常に高くなってしまいます。
もし感染しているかもと感じた場合は、必ず検査して早めに治療することをお勧めいたします。